レディースファッション

【高卒女子の入社式】服装はスーツ着用で良い?会社の指示によって違うの?

4月は入社式シーズンですね(*^^*)

就職おめでとうございます!

 

服装選びに迷ってしまう新入社員は多いと思います。

特に、高卒で就職した女子は高校の制服で就活をしていましたから、基本的にスーツをもっていない場合がほとんどでしょう。

会社からの指示が特にない場合は、もっと困ってしまいますね。

結論から言うと、高卒女子も入社式はスーツを着るべきです。

入社式の服装は高卒女子でもスーツを着るべき?

結論から言うと、一般的に入社式の服装にふさわしいのはスーツです(*^^*)

それは高卒であろうが専門学校卒であろうが、大卒や大学院卒であろうが関係ありません。

 

では、どういったスーツ入社式に着ていけば良いかというと・・・
リクルートスーツに近いデザインの、そんなに高くないスーツで十分です。

 

なぜなら、入社式で一緒になる大卒などの新入社員は恐らく社会人としてのスーツを新調するというよりかは、就活中に着慣れていたリクルートスーツで入社式に出席することが多いからです。

 

入社式にふさわしいスーツの色は、黒、紺、グレーで、ブラウスは白ですね。

入社後はスーツ着ないのに買うのがもったいない」という方には、レンタルもあります^^

 

スーツだけでなく、かばんと靴もセットなのが楽チンですね。

せっかくだし買ってみようという方におすすめのスーツは本当にベーシックなデザインのスーツです。

そして、パンツスーツよりもスカートの方がよりベーシックだという扱いのため、入社式にはスカートのスーツを選ぶのが無難です。

 

それに、家で洗えるのも嬉しいですね^^

私が新入社員だった時代には、こんな洗えるスーツは売ってなかったので、今は良い時代になったなぁと思います(*´ェ`*)

 

スーツ自体は高くなくてもクリーニング代の積み重ねが結構高額になってしまうので・・・

 

あと、意外と盲点なのがスーツに合わせるカバンです。

スーツ姿に違和感のないデザインのビジネスバッグを持ちたいですね。

また、泊まりの新入社員研修がある場合など、ショルダーバッグに荷物が入り切らなくて焦ることもありますよね。

でも、スーツケースなんて持ってない!!

そんな時はスーツケースをレンタルしてしまうのもアリです。

レンタルスーツケースはこちらから!

 

 

スーツにナマ足はNGです!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ストッキングは必ず履いて下さい。

 

たくさんのメーカーやブランドのストッキングを履いてきた私ですが、↓こちら↓のストッキングが伝線しにくく履き心地も1番気に入っていてオススメですよ^^

私もストッキング実は嫌いですが、好き嫌いの問題ではなく社会人のマナーとしてスーツの時はストッキングを必ず履いています。

スポンサーリンク

入社式でスーツを着用する時の心得!

ここで、このブログを読んでくれたあなただけに、入社式などでスーツを着る際のストッキングに関する「先輩社会人の知恵」を2つお伝えしますね(*^^*)

  1. 伝線したときのための予備のストッキングを1足、かばんの中に入れておきましょう。
  2. 入社式で隣になったりお手洗いで言葉を交わした”同期新入社員”の女性に「もし私のストッキングが伝線してたら教えてくださいね」と一声掛けておきましょう。

 

1は説明するまでもないですが、2について説明しますね。

同じ女性同士、他人のストッキングの伝線に気付いていても
「教えてあげたら余計に恥ずかしく感じるのではないか」とか
「声を掛けないことが優しさ」と思う女性は一定数いるので、
あなたの伝線に気付いていても(決して意地悪ではなく)
”優しさ”から見て見ぬふりをしてくれる場合が意外とあります。

 

それを防ぐためにも「私は、自分のストッキングの伝線は教えてもらいたい派です」というアピールをしておくのです。

 

あとはパンプスと、スーツの中に着るブラウスですが
両方ともネットショッピングよりは店舗で購入することを
オススメします。

 

靴は試着して買いたいですから、これまた説明不要ですね。

 

ブラウスは、首筋や腕などが直接肌に触れます。

手触りや肌触りに好みがあるため、はじめは店舗で買うことをオススメします。

それと、ブラウスを着る前に必ずインナー(キャミかタンクトップ)を着てくださいね。

(ブラの上から直接ブラウスはNGです)

入社式の服装は会社から特に指示もないし、困る。

入社式の服装について「会社から特に指示が無かった。スーツならスーツって指示してくれないと困る。」と思った方もいるかもしれません。

 

でも、「入社式の服装といえばスーツ」というのが、ほとんどの会社において社会人としての基本的なマナーだと考えられているので、特に指示がないのが”当たり前”だというのが実情です。

 

こういったマナーを初めから全て身につけるのは難しいかもしれませんが、少しずつ覚えていきたいですね(*´ェ`*)

スポンサーリンク

入社式の服装について会社から指示があった場合

逆に、工場やフラワーショップなど、「入社式の後から現場で働いてもらうのでスーツ以外で」と指示があった場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

指示があった場合でも、スーツを着て入社式に出るべきです。

 

ただし、制服がない会社ならば現場にふさわしい服を持参し、入社式の後で着替え、現場での業務にあたります。

 

もしかして『会社から「スーツ以外で」と指示があったのにスーツ着てって、逆にいいの?』と思いましたか?

でもそれが会社というものなのです。

「本音と建前」というわけではないのですが、これには大人の事情が見え隠れしています・・・

 

会社側からは
「高卒の新入社員に対して
”わざわざスーツ新調しなくて良いよ”と
配慮してあげた」という形になり

 

あなたは
会社側からは有り難いご配慮をいただきましたが、
これからお世話になる会社入社式のために
スーツを新調してまいりました」ということで、
会社の立場を「立てる」ことになるんですね(*^^*)

入社式の髪型(髪色)

入社式にふさわしい髪型は

  • 結べる長さの人は髪を束ねる
  • 髪色は、面接に行った時と同じ色

がマナーです(*´ェ`*)

 

入社式はとりあえず結んでいって、次の日から先輩女子社員の様子を見て同じ感じにして行けばよいです。

 

また、意外と見落としがちなのが前髪です(๑•̀ㅂ•́)و✧

入社式は何かとお辞儀をする機会も多いので、前髪が顔にかからないようにピンで留めたり、ワックスで押さえておくのもポイントですね。

先輩社会人の中には「お辞儀した後に髪の毛を手で直す姿はみっともない」と考える人も多いですから。

髪色については、入社式は面接の時と同じ髪色で行ってください。

面接の時だけ暗くして、就職が決まったからといってさっそく明るい髪色にしてのでは人事の面目も丸つぶれですから。(面接時、茶髪でも通ったなら茶髪でOKです。)

 

会社勤めをして行く中で他の女子社員の髪色を見て、明るくしてもよさそうな社風だったら、次に美容室に行くタイミングで髪色を変えればよいですしね。

入社式の服装 まとめ

今日お話した入社式の服装について、まとめます(*^^*)

  • 入社式はスーツが基本
  • かばんのデザインのスーツに合うもので
  • スーツの時は必ずストッキングを履く
  • ストッキングの予備を1足かばんに入れておく
  • スーツの時は髪型にも注意

以上が、入社式の服装の一般的なマナーです。

 

これから、会社でたくさんのことを学んで素敵な社会人になってくださいね(*^^*)